河辺ハロウィン!地域の大人から子どもまでがみんなで仮装して参加しよう!

音楽隊の紹介

Henshin!ハロウィン スペシャルバンド『いたずらーズ』

ピアニスト菊地まゆ子の呼びかけによって、河辺ハロウィンのために結成。スタンダードジャズからフォーク、こどもの歌まで、レパートリーはジャンル分け無用。親しみやすい中にも本格的なインタープレイが垣間見えるライヴを目的に、オリジナルアレンジでいたずらしちゃう!

菊地まゆ子(piano)

菊地まゆ子(piano)

ピアニスト。山に囲まれた町 東京奥多摩に生まれ、たくさんの自然の中で育つ。NHKの子ども番組で弾き語りをする歌のお兄さんに憧れ、4歳でクラシックピアノを始める。大学時代からドイツリートを中心に声楽および器楽の伴奏を数多く経験。その後、ジャズやコメディーなどジャンルを超えたパフォーマンスに傾倒し、音楽の世界から演劇、大道芸、キャバレーショー、ミュージカルなど幅広いフィールドでバラエティーに富むアーティストと多数共演。

現在、自己のリーダートリオのほか、ヴィブラフォン奏者 山口真由子氏とのデュオ「Cocoooon」や、そこにパーカッションの熊本比呂志氏が加わったトリオ、ピアニストでアレンジャーの浜博志とのピアノデュオ「ホンキー・ピアノ」、河辺ハロウィンのために結成した「いたずら〜ズ」の活動のほか、様々なアーティストのサポートを積極的におこなっている。

毒やユーモア、自分の生き方そのものを感じさせる演奏を目指し、ピアノの上でもっと自由になりたい一心で日々を過ごしている。そのプレイは「野生的」「ドラマティック」と評される。


好きなぬか漬けはにんじん。

菊田茂伸(bass)

東京生まれ。
高校時代にエレキベースを手に、大学でウッドベースの奏法を習得。大学時代からプロ活動を始める。現在都内を中心に年間300本超のライブ、ツアー、レコーディングなど中心とした活動を展開。ジャンルはメインのジャズからポップス、民族音楽、子どもたち対象のコンサートまで幅広い。
作曲・アレンジも手がけ、他のアーティストへの楽曲・編曲の提供のほか、自己のジャズピアノトリオ「菊田茂伸trio」を中心にそれら作品を発表。2017年9月に通算4作目となるトリオCD「The City Life」をリリース。それを記念して東京・千葉・横浜・山梨・宮城を回るツアーを決行。
自身のトリオで2009年から9年連続でMt.Fuji河口湖JazzFestivalに出演。
伝統的なスタイルを基調にしつつ即興で新しい展開を拡げる音楽をモットーとし、誰しもが楽しめるステージを常に目指している。

沢木浩作(drums)

沢木浩作(drums)

ドラム叩き。
那須高原育ち。

祭りの血のたぎり、冬の朝のシンシンとした空気感、微睡みそうな春の森、四季、自然を感じさせるようなアコースティックにおけるプレイを追求している。

きな粉、民芸品、北欧が大好き。

金澤健太(guitar)

1987年東京生まれ
幼少の頃よりビートルズを聞いて育つ。
小学生でミュージシャンである父親の影響もあり、ギターを手にする。
高校を卒業後、都内のライブハウス等を中心に音楽活動を始める。
その後内海利勝(ex.キャロル)、峰厚介、藤井康一、種浦マサオなど様々なジャンルのプレイヤーとライブを重ねる。
現在は自己のバンドKENTAtrio、向井志門率いるbig band Swingin’ devils、伝説のソウルバンド WSHAKODAなど様々なジャンルの現場で活動中。

2016年GReeeeN『縁』のレコーデイングに参加。

 

【スペシャルライブ開催時刻】

2018年10月28日(日)のライブ情報は後日おしらせします!

生演奏のほか、キラキラファッションショーもあるよ♪
きみの仮装をお披露目しちゃおう!
MOPTOPの特設ステージ前に集まってね!
日にち:2018年10月28日(日)
場所:霞台第一住宅前公園(旧ジャパン隣)
12:00~ オープニングセレモニー ♪

みんなのお友だち、お父さんやお母さん、お店の人も、街じゅうみんなで河辺ハロウィンを楽しもう♪

ページトップへ